日本語講座・古典講座 | 吹田市 人気の国語教師による大人の教室 茨木 摂津 千里ニュータウン JR千里丘 阪急摂津市駅 北摂 村田治彦
  • 帚木会
  • 随時 会員を募集しています
  • 随時 会員を募集しています
  • 教室風景

 ✍ 「帚木会」の教室は、こんなかたにオススメです。

日頃、無意識に使っている日本語が正しいかどうか自信がない。社会生活や日常生活での会話や漢字、自分の書いた文章などで恥をかかないか心配なので、正しい日本語を身につけたい。

常識だと思い込んでいるけれど、実は誤って身につけている敬語や日本語の知識、読み方は多いはずです。
次の問いに答えてみてください。

日頃、無意識に・・・問1 次の下線部の敬語の使い方には誤りがあります。正しく直してください。
「お客様、あちらの窓口でおうかがいになってください

問2 次の下線部の意味は、①と②のどちらが正しいですか。
情けは人のためならず
①人に情けをかけて助けることは、結局はその人のためにならない。
②人に情けをかけると、巡り巡って、自分に返ってくる。

問3 次のような漢字の使い方をしていませんか。
「ポチと言う名前の犬」

  問4 次のカッコ内の読みは正しいですか。
   「犬が十匹(じゅっぴき)遊んでる」


【解答は、ブログをごらんください】

どうでしたか?全部分かりましたか?
帚木会の講座では、このような身の回りの日本語を見直し、正しい知識を身につけます。その他、句読点の使い方等、文章を書く上での基本を学び、正しい文章を書く練習もします。これを機会に、日頃使っている日本語を再点検しましょう。
 


○学生時代は古典(とくに文法)が苦手だったけど、教養のためもう一度読みたい。でも、ついていけるか心配。

学生時代は古典▩ 全く、心配は要りません。面倒な文法、古典や古語の知識なしに、作者、時代背景、エピソードなども交え、古典文学を楽しく読み解きます。

たとえば、『源氏物語』は、紫式部という女性が書いた全54巻の大作です。でも、本当に紫式部が一人で書いたの? 主人公の光源氏は、日本の文学史上、最高に女性にモテる男です。なぜ、こんなに女性にモテるの? さらに、当時の恋愛事情はどんなだったの?

また、『大鏡』では、藤原氏はどのようにして権力を固めていったの? どこまでの話が事実で、どこからが虚構なの? 当時の天皇と皇后の力関係は?

そういう疑問を考えながら、文法的なことにはほとんど触れずに、原文に古語の語釈と全訳を付けて、文学作品を味わいます。古典には、男女関係・権力闘争・家族愛など、現代人にとっても普遍のテーマがぎっしり詰まっているのです。


○せっかくこういう教室に通うなら、趣味を通じて友だちを作って、遊びに行きたい。

 日本語・古典を楽しく学びながら、コミュニケーションの場を作ることが、「帚木会」の大きな目的でもあります。
毎回、講座後の茶話会では、お茶を飲み、お菓子をつまみながら、その日の講座の補足や世間話で、会員の皆さんのコミュニケーションを図ります。
また、四季折々には、京都の源氏物語ゆかりの地などを日帰り散策するとか、ランチ会や宴会を行うとか、楽しい友だちの輪を広げていきます。


○生涯学習として、自分の得意分野として、日本語・古典の知識を身につけたい。

生涯学習として・・・▩ カラー写真やイラストなどをふんだんに使った独自のノートを作成、配布し、それを使って講座を行います。

中学や高校時代のように嫌な勉強をするという感覚とはまるっきり違って楽しく学べるので、講座の内容が自然と身につきます。

これまで、日本語や古典が苦手だった人も、いつの間にか、大好きで得意な分野になるでしょう。


 

定年後のかた、自営業のかた、主婦、サラリーマン、OL、学生等、老若男女を問いません。

いつでも、無料体験講座に参加できます。
興味のあるかたは、下の「無料体験のお申し込み」をクリックすると、無料体験の申し込みフォームに入ります。
そこに必要事項を入力し、送信してください。

パソコンや携帯を使わず、電話のフリーダイヤルからでも申し込みは可能です。⇒ 0120-464-595(よむよ こくご)までご連絡ください。

受講料はコチラ

 

 

教室の場所は、「千里丘市民センター」と「C・L会館」です。 JR「千里丘」駅から徒歩9分、阪急「摂津市」駅からも徒歩範囲です。

 

フライヤー(チラシ)はコチラ
   ※別ウィンドウで表示されます

村田のブログ

京都散策(廬山寺~仙洞御所)

帚木会行事「第1回京都散策」を開催しました。6月のランチ会、9月の夜の宴会、映画鑑賞会(源氏物語)に続く課外授業の一環です。今回は、会員の方16名が参加なさいました。 目玉は、京都御所の隣、仙洞御所の参観です(「仙洞御所 …

京都散策

久々の投稿です

「大人のための日本語・古典教室 帚木会」を立ち上げて、3ヶ月以上経ちました。日々の教室準備で気持ちのゆとりがなく、村田のページを全く更新できませんでした。本当に、久々の投稿です。 教室は、順調に進行しています。同じ内容の …

16-10-06

プレ講座

家族や教え子に来てもらって、帚木会プレ講座を行いました。本番に向けてのリハーサルです。 今まで30年以上行ってきた高校の授業とは、似ているようでやはり少し勝手が違います。なにしろ、多くの人たちが期待して参加なさいます。「 …

プレ講座2

教育はコミュニケーション

「教育ってナニ?」と聞かれると、私は即座に「コミュニケーション」と答えます。 私の場合、三十数年間、高校教育に携わってきましたが、教壇に立って一方通行の知識伝達に終始するのではなく、教師と生徒がコミュニケーションを取りな …

楽しい卒業生との交流-3

「ホーム」の問題の答

「ホーム」ページの問題の解答です。 問1  敬語の誤りは、謙譲語の使い方が分からず、尊敬語と混同してしまって生じることが多いのです。ここは、お客様の行為ですから、尊敬語で「お尋ねになってください」と言うべきところを、「う …

解説
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 帚木会 All Rights Reserved.