「ホーム」ページの問題の解答です。

問1  敬語の誤りは、謙譲語の使い方が分からず、尊敬語と混同してしまって生じることが多いのです。ここは、お客様の行為ですから、尊敬語で「お尋ねになってください」と言うべきところを、「うかがう」という謙譲語を使ってしまった誤りの例です。謙譲語は、「私が今からうかがいます」のように、主に自分の行為をへりくだるときに使います。

問2  誤答しやすい慣用句の典型です。「人のためならず」は、「人のためにならない」ではなく、「人のためでない」→「自分のためである」の意です。したがって、本来の意味は①のような“上から目線”ではなく、②が正解になります。仏教でいう「因果応報」と同じような意味になります。

問3  非常に多い誤りです。「~と言う」と漢字を使うのは、「彼は『知らない』と言う」のように、言葉として声に出す場合に限られます。「そういうこと」「山田さんという人」など、実際に声を出すわけではなかったり、誰が言ったのかはっきりしない場合、また、「あっという間」のように慣用的な言い回しの場合などは、「~という」とカナで表します。

問4  「十」の読みは、「じゅう」か「じっ」であり、「じゅっ」という読みはありません。したがって、「じっぴき」が正解です。

全問正解できましたか? 日本語って難しいですね。講座前半の「日本語講座」では、このような誤りやすい日本語をいろいろなパターンで取り上げます。